Harmony Plus

グルーデコ作品とココロノハナシ

2日目も盛況でした♡



初日も
今日二日目も・・

たくさんのお客様に
足をお運び頂きました!

b0310144_21393202.jpg

   ↑ VitaFeliceのblogより
     (本日の様子はこちらで  )


売り場当番だった今日は

友人・知人も
忙しい合間を縫って
ご来店いただき・・・。

本当に感謝!です


有難うございました!!


色違いであるものは
色の種類が少なく
なってきてはいますが

補充をしつつ・・

まだまだ
ステキな作品があります!




意外なところに

意外なものが・・?

ご自分の好みの逸品を
ぜひ探索して下さい!


お待ちしております


 グルーデコ 大丸神戸店デビュー VF

いよいよ始まりました!


b0310144_20281047.jpg



( ↑ 初日の様子は
Vita Feliceのblogから
ご覧ください )



大丸神戸店
グルーデコ®︎フェスタ

Vita Felice

期間限定ショップ
本日OPENしました!


大丸 

↑ 大丸神戸店のHPより


おかげさまで
初日から
大盛況だったようです


私も期間中2日は
売り場に立ちます!


講師間でも
争奪戦必至な
素敵な作品が並んでいます


量産できない、
唯一無二の価値観は
ハンドメイドならでは・・


1週間の期間限定です

お気に入りの作品を
是非見つけて下さいね


(びっくりするような
お買い得品もありますよ)


皆さまのお越しを
おまちしております


 グルーデコ 大丸神戸店デビュー VF

イベントに向けて


IMG_3464.jpg 


こんなことでもなければ・・
きっと・・
これほどの短期間で
夜な夜な作品作りなんて
多分できなかったと思う


IMG_3466.jpg 

やたら忙しい時だったし

夜なべは

老眼にはこたえるし(´・_・`)



IMG_3499.jpg


でも・・

オリジナルの作品作りは

いろいろな意味で勉強になりました



IMG_3508.jpg 



IMG_3502.jpg 


特に、
アクセサリーは
身に着けるもの

デザイン性だけでなく

着けやすさとか
使いやすさ、

「商品」として考えた時の
難しさ・・・。



IMG_3461.jpg 



IMG_3496.jpg 

どなたかのところで

可愛がってもらえるように

心を込めて・・・。



Hiroko先生
多くのステキな作品とともに

私たち門下生講師の
心を込めた作品も
ぜひ手にとってご覧ください

首をキリンのように長くして
お待ちしております







【Glue deco Festa】

Vita Felice 大丸神戸店デビュー

10月18日(水)~24日(火)
(最終日は17時まで)


 グルーデコ 大丸神戸店 イベント

いよいよカウントダウンが・・


差し迫ってきました!


【Glue deco Festa】

ドーナツ


Vita Felice 大丸神戸店デビュー

10月18日(水)~24日(火)
(最終日は17時まで)
7階:メゾンプリュスレコメンド

ワークショップも同時開催
ブローチ・ピアス・イヤリング・リング等
多数の商品を取り揃えております



Vita Felice主宰・Hiroko先生の
フレンチシックな多くの作品と共に、
門下生講師の作品も数多く出品されます


b0310144_16444581.jpg 

 
b0310144_20055444.jpg 


おしゃれを楽しめるこれからの季節に、
素敵なハンドメイドアクセサリーはいかがですか?

皆さまのご来店を心よりお待ちしております


ワークショップ同時開催

(経験者の方向け/初心者の方向け)

簡単で、存在感のある作品が短時間で作れます
この機会に、VF大人気の・楽しい
Yarn Brooch&Yarn Donut Broochを
是非ご体験下さい

b0310144_09034831.jpg 

b0310144_08395795.jpg
  

b0310144_20200793.jpg 


画像はVita Feliceのブログからお借りしました 



 グルーデコ VF 大丸神戸店デビュー

クリスタルボールのピアス

IMG_3366.jpg 
 

IMG_3364.jpg 



小さな
クリスタルボールは

深夜作業の眼力には
なかなか負担ですが

出来上がると

やっぱり
輝きがキレイ


カジュアルで
シンプルなお洋服でも

以外と
ミスマッチには
なりません


クラシカルな
レースモチーフとか

くるくる回る
モチーフ・・


つけると

また印象が変わります

IMG_3355.jpg 



IMG_3352.jpg



~ お知らせ ~


Glue deco Festa

Vita Felice 大丸神戸店デビュー

 

1018日(水)~24日(火)

(最終日は17時まで)

7階:メゾンプリュスレコメンド

ワークショップも同時開催

ブローチ・ピアス・イヤリング・リング等

多数の商品を取り揃えております


ドーナツ

上記 hiroko先生のご案内文を拝借しました


                         https://itsumo.exblog.jp




 グルーデコ ピアス ジュエルボール

イヤリング&ピアス

IMG_3349.jpg 



IMG_3346.jpg 


周囲は水牛の角です

レアでしょ(゚∀゚)

スワロのパールと
石を埋めて・・


あまり主張せず

かといって

耳元は華やかになります






 グルーデコ イヤリング ピアス

受け入れる

kodomo.jpg 

甘えさせることと
甘やかすことは違います




甘やかす、ということは
何でも先回りして
やってしまうという事です




危ないから




時間がないから




どうせうまくいかないから




結局、大人都合で甘やかし
「自分でやってみる」
「工夫する」
「失敗を恐れない」
そんな可能性の芽を
摘んでしまっているのです




泣いている子に
いつまでも泣くな、
と怒る前に、




泣いている理由を尋ね、
一度は受け入れてから




その理由が
本当に辛いことなら
手を握ったり
抱きしめたり
背中を擦ってあげたり、




それだけで
子どもは落ち着きます




これは
「オキシトシン効果」といって
オキシトシンという
ホルモンが分泌されると、
脳が安らぎを感じるからです




オキシトシンには
母体を安定させ
母乳を分泌させる効果が
有名ですね




赤ちゃんを愛おしく思い
抱きしめることで
相乗効果が高まります





不安な気持ちを押さえて
情緒を安定させ、
自律神経を整えて、
「安心できて心地よい」という
感覚も促してくれます





また分泌されると
痛みに対する耐性が増し、
精神的ストレスも緩和されます
痛いところを擦ってもらうと
少しやすらぐのもその為です


たとえ、泣いている理由が
わがままな
自分勝手な理由だったとしても




一端落ち着かせてから
ちゃんと向き合って
諭すことが出来れば




ただ怒られて
終わりになるより
「受け入れられた」ことで
注意された言葉も
聞き入れやすくなります





別の観点から
考えると、




甘えさせる
=受け入れてあげる

ということにもなります


幼児期だけでなく、
いくつになっても、

おとなでも




「受け入れて欲しい」





誰もが持つ
願望なのです


バレッタ

IMG_3340.jpg



IMG_3374.jpg 



IMG_3343.jpg



自分ではなかなか
つける機会がないけど

ちょっと

可愛いかなぁ・・

と作ってみました

その昔、
髪を伸ばして
いたころは

いろいろ
たくさん集めてた
バレッタ


アクセサリーというより

束ねる為に、とか


実用的な用途も
ありますね











 グルーデコ

グッドラックチャーム


IMG_3301.jpg


IMG_3305.jpg 


秋らしい色合いで
幸せを呼び込めるような
バッグチャーム
作ってみました


葡萄(ぶどう)は
「たくさん実がなる」
「巻きつくツル」などから、
縁結び、豊穣、繁栄、
商売繁盛などの縁起物として
喜ばれています。


馬蹄のチャームも
西洋ではラッキーアイテムとして
有名です




そろそろ

赤ワインも
美味しい季節ですね
(*´∀`人 ♪


 グルーデコ バッグチャーム

レースモチーフピアス

IMG_3265.jpg

IMG_3267.jpg 

IMG_3260.jpg 

これからの季節、
ハロウィンとか
クリスマス
忘年会

新年会・・・

パーティーシーンや
女子会・・

いろいろな
集まりが増えますね♡

そんなシーンに映える

少し大きめの
レースモチーフで
存在感のあるパーツを
組み合わせて
ピアスにしてみました

いろいろ
カスタマイズできるのも
グルーデコの醍醐味です








Vita Felice 
大丸神戸店出店のお知らせ

日程: 10月18日(水)~ 
    10月24日(火)
    (最終日は17時まで)

    大丸神戸店7階
    メゾンプリュスレコメンドにて







~ VF☆大丸神戸店出品のお知らせ ~

Vita Felice 
大丸神戸店出店のお知らせ

日程: 10月18日(水)~ 
    10月24日(火)
    (最終日は17時まで)

    大丸神戸店7階
    メゾンプリュスレコメンドにて


daimaru.jpg


このたび、
恩師木村先生の念願だった
大丸神戸店でのVita Felice
出店が決まりました。

先生の素敵な作品とともに
わたしたち
門下生講師の作品も出品されます。

Vita Feliceのフレンチシックな作品は
秋の深まるこれからの季節の
コーディネートにはぴったりです。

🍇 皆さまお誘いあわせの上、
是非お出かけ下さいませ 🍇


また、期間中、ワークショップ
開催いたします。

b0310144_09034831.jpg 

(*↑ ↓ 画像は先生のブログから)

b0310144_08395795.jpg

短時間で出来栄えの良いブローチ、
初めての方も、経験者の方も、
どうぞ体験にお越し下さい!


お申し込み、詳細については
先生のブログ
下記をご覧下さいね

大丸神戸店ワークショップのご案内






「やる気」を引き出す

mizuumi.jpg



このところ、
仕事も
私事も
本当に忙しくて

                         


                         整理がつかなくなると
                          ついついすべてに
                         嫌気がさしてしまう・・。




こんなことって
みんなありますよね |ω・`)




子どもがいればなおさら、
時間に追われている中で
予測不能なことを
してくれるものだから・・




例えば、
そんな時に、子どもから
「サッカーを始めたい」とか
「英語を習いたい」とか
聞いたとします。




『やってみれば』

そう答えていませんか?




表向きは賛成しているようですが、
その言葉の中には、



(どうせすぐあきるくせに)とか
(長続きしないのに)

そんな気持ちが
含まれているように思います。





サントリーの創業者、
鳥井信治郎さんは、
幹部社員からもたらされた
新しい企画や提案には、
必ず,『やってみなはれ』
応えたそうです。




鳥井さんの
『やってみなはれ』には

恐れずに
チャレンジしてみなさい!

という受容力を感じます。





やらせてみる、ということは
その人の能力や可能性を信じ、
『任せる』ということです。

信頼され、意欲を認められた社員は
モチベーションも上がり、
努力を惜しむことはありません。




鳥井さんは、
こうして後進を育成し、
会社を大きくしていかれたそうです。





子どもの場合は、
何にでも興味を示し、
飽きやすく、長続きしないのが
特性でもあります。

でも、逆に、興味のあるものを
いろいろ試しながら




その中で自分に合うもの、
得意とすること、
楽しくて長続き出来ること、
それを見つけ出していけるのも
子どもの特性です。


経済的、時間的に
無理なこともありますが、




失敗や頓挫ばかりを
心配するのではなく、

その子に全幅の信頼を寄せて
『やらせてみる』
ことも必要ではないかと思います。





親から信頼され、
背中を押された子は、
少しくらい失敗しても
つまずいても、




臆することなく
また新たなものに向かって
ポジティブに前進できる、
そんな子に育つのではないでしょうか





『やってみなはれ』

おとな、子どもに関係なく、
最上の褒め言葉なのです。





(誰か、私にも言ってくれぃ)




VF Code Ribbon black


IMG_3032.jpg 



IMG_3027.jpg 



8月末のVita Felice 
スキルアップレッスンで


コードリボンの
ブラックを・・🎀


大人にも使える
甘くなり過ぎない
リボン・・


色が変わると
表情も変わります。


いつもながら、


先生の発案には
脱帽です。










 グルーデコ ブローチ VF

いのちの授業




 

imagesUITCSQ3T.jpg


今年7月、
聖路加国際病院名誉院長だった
日野原重明先生が
105歳の天命を全うされました。





延命治療は望まず、
周囲には、最後まで
感謝の言葉を繰り返されたという
先生らしい最期であったそうです。




先生の生誕の地は山口県ですが、
その後、神戸へ移住し、
小学校は諏訪山小、
中学は関西学院中等部と
阪神間に住まう私には
距離も近く、




先生の著書や
講演で
多くのことに
感銘を受け、
人生の先輩として
お手本にさせて頂きたい
大きな存在の方でした。





民間病院としては初めて
人間ドックを開設し、
国内初の独立型ホスピスを設立。




2000年には、75歳以上の、
元気で自立した高齢者でつくる
「新老人の会」を発足し、
ご自身自ら、90歳を超えても、
1日18時間、週7日働き、
きょう、あす、5日先の
目標を常に持っていて、
先生のスケジュール表は
数年先まで予定が
詰まっていたそうです。




100歳を超えても
現役を通すそのお姿は
まさに、高齢化社会を生きる
モデル像でした。




先生は、とにかく
人生は貢献だと信じ、
そのため、他者を助けることや、
早起きして他の人のために
何か素晴らしいことをしたいという
ものすごい意欲があり、
それが、満ち溢れた
エネルギーとなって
先生を突き動かし、
生かしていたものでした。




中でも、78歳の時から始めた
「いのちの大切さ」や
「いのちの器」を伝える為に、
全国の小学校に出向き実施する
「いのちの授業」
母校の神戸市立諏訪山小学校の訪問が
きっかけとなり、
2016年までに
全国合計200以上の小学校で
実施されました。


この中で、
心に残っている言葉があります。





10歳の君へ


命とは時間

命とは見せられないもの

見えないものの中に
大切なものがある

自分が使える時間を
助けを求める人たちの為に
使って下さい

許すことのできる人になって下さい

    
   日野原重明

 

 

今更ながら、
心から
ご冥福をお祈りします。





 

わっかで育まれているもの


ai1.jpg



過日、お預かりした衣類を

Wacca(わっか)へ持参した際に

 

お役所仕事ではなく、

「わっか」から生まれた

「子どもの“困”に寄り添うノート」

いただいてきました。

 

中には、子ども時代に

母と共にDV被害から逃れ、

わっかの母体である

ウイメンズネットこうべが運営する

「ともだちの家」という

シェルターに身を寄せていた

方の経験談や

 

支援ボランティアを

行っている方の話など、

 

みな、飾らないことばで

生の声が綴られていました。

 

その中のお一人の手記を

抜粋します。

 

waltuka.jpg



DVから逃れて  


M
さん(20代)



わたしは、中学2年生のときに

母と兄の3人で、父のDVから逃げ、

ウイメンズネットこうべの

「ともだちの家」で
お世話になりました。       


わたしの父は
毎日のようにお酒を飲み

仕事をころころ変え

浮気や暴言、暴力などを
繰り返すような人でした。

兄は小さな頃から暴力を受け続け、

心や脳が傷ついたせいか、

今ではギャンブルを覚え

家では部屋の片づけや

掃除もできない大人のまま

成長が止まっています。

 

また、母も洗濯以外の

掃除家事料理などからは
ほとんど離れ、

母という役割を終えたかのように

恋人との時間を楽しみ、

わたしが2年前に入院し
手術をした時でさえ

お金が無くなったと

私に文句を投げかけてきました。

 

そんな日々の中で、私は思いました。

兄である彼も、母である彼女も、

きっとまだ、いえ、これからもずっと

彼らはDVというものに傷つき

心に癒えないままの傷を
抱えている被害者なのだと。

 

そして、そんなわたしもそのひとりです。

いまだに、男の人のギロットした目を見ると、

父の記憶が頭をよぎります。

父の機嫌を取り、
母の顔色をうかがいながら生きていた

幼い頃の習慣が抜けず、
今でも人の機嫌や

空気を敏感に感じ取り
苦しくなる時があります。

 

でも、そんなときに思い出すのは

ウイメンズで
お世話をしてくれた皆さんのことです。


あのころの私には、なぜ皆さんが

自分のことを心配してくれるのか

気にかけてくれるのか

大切に扱ってくれるのか、

わかりませんでした。


ただ、今となっては、あの時、傷つき、

疲れ果てていたわたしの心を、

皆さんが優しさという愛で

大事に大事に包み込んでくれたから

わたしは、いつかまたこの先の人生で、

わたしを大切に思ってくれる人に

出会うことが出来るかもしれないと

信じてみようと思えたんです。

(中略)

 


生きてるって幸せだ。

そう思いながら生きています。

わたし、まだまだ幸せになります。

だから、これからもずっと、ずーっと

見守っていて下さい。

わたしに居場所を下さった皆さん。

本当に感謝しています。

 








ちっちゃいさんのおともに。


IMG_2795.jpg


無垢で可愛い
ちっちゃいさんへ

・・・。


男の子用は
思いつかなくて

・・(;'∀')


IMG_2793.jpg 

IMG_2797.jpg 



女の子のものを作るのは
なんだか
癒されるなぁ♡

ひきこもる・・その3

yjimageQF7KDMU2.jpg


不登校や
引きこもりの解決は
そう簡単にはいきません。


長期化すると、
本人も、より自信を失くし、
社会へ踏出す
勇気が出なくなります。


なので、不登校や
引きこもりという
サインを見逃さず


その「理由」を見極めます。


本人が話さなければ
心当たりを検証しながら
その原因を探り、

一緒に、その問題と
向き合ってください。



学校に3日行ったら
○○を買ってあげる、とか




「頼むから行って」、と
懇願したり
泣き落としをしたり



無理やり
力ずくで
引きずり出したり・・。



一時的には
効果があっても、

それでは何の
解決にもなりません。


世間体とか
自身のプライドとか



~でなくてはならない、
といったこだわりは
捨てないと
糸口は見つかりません。


自分自身を見失い、
分かってほしいから
サインを出しているのに、


家族までもが
そんな自分の存在を
世間に隠したり
無視したり、


どんどん暗く、
ネガティブな雰囲気に
変わってしまったら
ますますマイナスに
傾くばかりです。・・



張り詰めたような
空気間の中で
びくびくしながら
生活をするのではなく、



今までと変わらず、
ちゃんと挨拶を交わし、



いつも通り言葉かけをして、
なるべくこれまでの
生活リズムを壊さずに



冷たい目で見たり
蔑んだり、



逆に機嫌をとるような
ことをしたりせず、



親にもまた
自分の生活がある事を
理解させ、



その上で、

問題を抱え、
悩み苦しんでいる
あなたもちゃんと
受け止めるよ!


そう感じさせて
あげて下さい


最後に、原因や、
時と場合によっては
第三者の介入や
公的な支援も
必要且つ有効にも
なりますが、


弱みに付け込んで
高額な金額を
請求する
自立支援団体も
あるようです。




冷静に思慮深く、
個々に適した
最善を選択しましょう。


ひきこもる・・その②

himawarisan.jpg


「不登校」や
「ひきこもり」の原因は
人それぞれいろいろです。


いじめや
挫折、
失敗体験など、


Aさんには
大したことで
ないことでも


Bさんには
死ぬほど
辛いことだったり
するわけです。


そして、さまざまな
要因のストレスに
上手く対応できなかった
一部の人は
「引きこもり」という形で
自分を守ったり
周囲へのサインに
しています。


また、それとは別に、
統合失調症やうつ病など
精神疾患の場合もあり、


特に最近は子どもの
うつ病もよく耳にします。


この場合は、脳内の
神経伝達物質の減少などが
原因なので、



叱ったり励ましたりしても
効果はありません。


他にも、例えば


親も本人も気がつかなかった
『発達障碍』があって
周囲の人との
コミュニケーションが
うまくとれず、




『変わりもの』とみなされ、
いじめの対象になっていた・・
ということもあります。




この場合もまた、
『発達障碍』は
精神疾患ではなく
『個性』ですから




その子に適した
生活環境を整え、
『個性』を生かした
対応をしていくことが
必要になります。


その他、
容姿や身体的な
コンプレックスから
不登校になる
こともあります。




肥満やアトピーを指摘され、
いじめの対象にされたり、




誰も気がついていないのに
背中のアザを気にするあまり
不登校になった子もいます。

その子たちに
共通して言えるのは
自己肯定感の低さです。





ストレスに強くなるには
幼少期にたくさん褒められ、
認められ、
愛され体験や
成功体験を積み重ね、




自己肯定感を高めることが
重要だと言われています。





勉強や運動、
お手伝いなどができる
○○ちゃんが好き!
ではなく、




何もできなくても、
ただ無条件に
○○ちゃんが好き!




あなたがいてくれることが
(存在することが)
幸せだよ!と、

伝え、抱きしめて
あげることが大事です。



小さなジュエルボール

 

IMG_2639.jpg 


IMG_2658.jpg 



娘さんの
Birthdayプレゼントに
リクエストを頂きました


無地の
ブラウスや
カットソーなど

シンプルな着こなしが
お似合いな感じ(^▽^)/




ジュエルボール
コットンパールを
組み合わせて、



普段使いできる
ネックレス





いつもそうですが、


幸せを願いつつ
心を込めて
作らせて頂いています


どうか

心豊かで

心あたたかな毎日を・・





IMG_2655.jpg 


IMG_2659.jpg


こんな感じで


ラッピングしました





 ジュエルボール グルーデコ ネックレス

ひきこもる・・その①

yjimageA2HC5GBT.jpg



不登校とか


そこからの
引きこもりとか


昨今、
そんな悩みを
聞く機会が
増えました。


全て、とは言えませんが
そんな子どもたちの
家庭環境を見ると


親が高学歴だったり
社会的地位の高い
職種に就いていたり


比較的、経済的に
豊かな家庭だったり


どちらかというと
恵まれた環境下にいる子が
多いように感じます。


また、逆に、そういう

「まさかうちの子が」

という子どもだから
親は頭を抱えて
しまうのかも知れませんが。


自分自身が
幼い頃から猛勉強して
受験戦争に
打ち勝ってきた親は


《この子にも出来ないはずはない》


という思いが根底にあり、
それなりの成果を
子どもに求めます。


親の期待を一身に受け、
結果を出せば
親が喜んでくれることを
何よりのご褒美に、
ただひたすら
頑張り続けている子に、


自分よりも『上』を望み、
どこかで自分の夢や理想を
重ねたり、託してしまっている
ことがあります。


例えば、
精一杯努力して
97点をとった子供に、
『あと3点で満点だったね、
残念だね』と、
悪気もなくパーフェクトを
強いていませんか?


スポーツの世界でも同じです。


その子の持つ力量以上の成果を
際限なく追い求め、
結果が出ないと
『努力が足らないから』
『気持ちが弛んでるから』


あの子は『やればできるはず』
という勝手な推量で
そう決めつけていませんか?


親の長所を引き継ぎ、
恵まれた環境の中で
育った子どもは
それなりの結果を出します。


でも、親から認められ
愛されているのは
『結果を出せる、
親の理想に近い自分』
だということを分かっていて、


本当は
もうこれ以上頑張れない、
違うことがしたいんだと
口に出すことが出来ないまま


自分の思いを
「不登校」や
「ひきこもり」という形で
サインを出すことがあるのです。


勿論、「不登校」や
「ひきこもり」の原因は
もっと色々あって、
それぞれに違いますし、
形式も今は多様化しています。



学校には行けないけど、
スーパーや
コンビニには行ける。



親や兄弟とは話をしないが
SNSでは繋がっている

など・・・。


何れにしても
子どもからの
『サイン』に
気がついた時、


うろたえたり、


感情的になって

怒鳴り散らしたり


腫れ物に触るような
扱いにせず、



そのサインの意味や
理由を考えてみて下さい。



理由はどうあれ、


頑張れなくても、

結果が出せなくても

親とは違う夢があっても、


まる裸の、
『素』の自分を
そのまま受け止めて、
無条件に愛してほしい・・。



子どもは、
きっと
そう願っているのでは
ないでしょうか

・・・・。


VFサークルトップ Summer Collar

IMG_2599.jpg


IMG_2604.jpg 

IMG_2603.jpg 


毎日、蒸し暑くて
気怠い日が続きます

Vita Felice
サークル&クローバートップの
夏色バージョンです


もちろん、
リバーシブルで
楽しみ方もたっくさん



今回は
シルバーのチェーンで
少し涼しげにしてみました


 


 グルーデコ VFcircletop ネックレス

もし、今あなたが・・・

yjimageYCML7PKV.jpg


 
もし、今あなたが
パートナーの言葉や
対応、態度に
何度も「怖い」と
感じることがあるなら




それはDVです。




自分を怒らせるのは

「お前の態度が悪いから」

「お前が直さないから」

それをそのまま受け止めて
相手を怒らせているのは
「自分が悪いのだ」
そう思い込んでいませんか?




自分さえ我慢していれば

「きっといつかはわかってくれる」

「今の生活は続けられる」

「逃げる場所がない」

「誰にも話せない」

「あの人は私がいないとダメになる」

 




あなたは悪くありません。




あなたが今、
置かれている状況は
決して
恥ずかしいこと
ではありません。




一方的な暴言や
肉体的な暴力が
積み重なっていくと




相手はますます
自分を正当化し、




「原因」を作っている
「あなた」が悪いのであって




自分が「本当の被害者」だと
思い込んでいきます。


時間をかけて
どんなに長い間
我慢を続けても




相手が変わることも




状況が好転することは
先ずありません。


むしろ、
あなたの心身は
必ずどこかしら
変調をきたし、
苦しみが増えるだけです。





逆に、怒りや悲しみが
限界を越えて、
ついには、
相手を物理的に
傷つけてしまう可能性も
無きにしも非ずです。





DVを見て育った子どもにも
行動面・情緒面・発達面から
身体面まで
多岐に影響を及ぼします。





特に、子どもが母親を否定的に、
侮蔑的に見るようになったり、
母親と子どもとの間に
距離感や緊張が見られたりします。





数年の間に、
夫だけではなく
息子にまでDVを
受けるようになった
母親もいるのです。






DVの問題だけでなく、
生きていく上で起こった
どんな難問も、




誰しも、最後は、
「乗り越える為の決意」
だけは、




誰の力を借りることなく、
自分でしなくては
ならないと思います。





でも、一人で抱え込まず、

親族や友人に
相談できなくても、

各都道府県にある相談窓口
(内閣府男女共同参画局HPの
「相談機関一覧」など)
等で、一時的避難所(シェルター)
の紹介もあります。





大丈夫、

「降りやまぬ雨は無い」です。


もう傷つくのは
やめませんか?

 

 

 


 


MOON STAR

IMG_2569.jpg


IMG_2568.jpg 


MOON☆STAR

その昔、
ほんものの
サーファーも

陸サーファーも


みんなこぞって
海に行って
コパトーン塗りたくって
ブロンズの肌目指してて・・


オゾン層の破壊とか
紫外線被害とか

そんな現代の
風評とは逆に


日光浴は
ビタミンDの生成を助けると
そう教えられ、
子どもたちは
夏休みは真黒になるまで
外で遊んでたなぁ




前置き長くなっちゃったけど、


MOON☆STARという
作品名から

MOONライトサーファー
(石川セリ)

朝方ムーンライト
(サザンオールスターズ)

なんだか、



ほんとに遠い記憶なのに

メロディーは鮮明に
出てくるものですね


個人的に、

「朝方ムーンライト」
というフレーズが好きで

朝方の月あかりって

とてもとても
美しく
清々しく
思えるんだけど


そんなイメージで
チャトンを埋めてみました



少し重い話④

DV被害者になりやすいタイプと
DV被害者の心理

yjimageMZJFLG49.jpg


DV被害者になりやすい
タイプのひとつとして、
「自分には価値や能力が無い」
と考えやすい、
自己肯定力の低い人が
挙げられます。



「お前はダメな奴だ」と
何度も否定され続けていると
どんどん自身を失くし、



加害者のことを
「唯一、価値の無い自分を
受け入れてくれた」と
誤って受け止めてしまいます。



束縛や暴力を受けることも
「愛情の証である」と
誤認識しやすく、
「この人は私がいないとダメ」
といった、加害者との
共依存となるケースも見られます。



DV被害者の心理は、
概ね下記のように考えられます。


☆ 自分さえ我慢すれば
家庭(関係)は守れる




☆ いつかはきっと
わかってくれる



☆ 自分がDV被害を
受けているなんて
  恥ずかしくて言えない



☆ 経済的に自立できないから
  ひとりで出ていく勇気がない



☆ 親から虐待を受けて育った、

  過去にも恋人から
DVを受けていた、
  自分の周囲にも
DV被害者がいる・・など、
「こんなものだ」と
  誤った認知がある



☆ 逃げるともっと
ひどいことをされる

 

DV被害者が加害者側に
逆らった時、
 肉体的・精神的な暴力を
罰として受けます。
 


この繰り返しによって、
被害者側は
 「逆らったら今より
恐ろしいことが起こる」
 という恐怖感を
 加害者側に
植え付けられていくのです。



幸せTimeレッスン☆


IMG_2562.jpg 



IMG_2564.jpg 



先日、別件・別日でしたが
作品作りをご一緒に

人生の先輩、
お姉さまのSさんは
2回目のトライアルで
VFサークルトップと
クローバーの片面を・・・




竹馬の友のNちゃんは
グルーデコ
欲しかったお気に入りの
ベースカラーを作り
ティアドロップネックレスを




お2人とも
楽しそうに
リズミカルに♪
PP10のクリスタルを
上手に埋めていかれました





グルーデコの良さは
短時間で
成果が出せること!




また次回、
楽しみにしています

(^∇^)ノ


 グルーデコ

アトリエヌーボー*デコパージュ作品展

デコパージュの師であり、友人の
藤田有里子さん主宰
「アトリエヌーボー」の作品展が
青山・表参道のギャラリーコンセプト21で
7/27から始まりました。

箔を使った
オリジナリティ溢れる作品など
繊細で優美な作品が並びます。

機会があれば、
是非!

dekodeko.jpg


dekode.jpg 



少し重い話・・③

DV加害者の傾向と考え方

yjimageL12Y1X7F.jpg

                      


DVは、ごく一部だけの
特別なことように
思われがちですが、
「まさかあの人が…」
と思われるような、
普段はむしろ冷静であったり、
真面目であったりする人が
DV加害者だったりするものです。

そんな人には
下記のような
いくつかの
傾向があります。


①「所有欲、嫉妬心が深い」

出会った最初のころは
優しく頼りがいがありますが、
そのうちに"好きだから"とか
心配だから"といって
行動を常に細かく詮索し
被害者の交友関係を
強引に断ち、
被害者を孤立させて
独占しようとします。


②「男尊女卑の考え方の強い人」

(男性が女性に対する
場合の暴力の場合)

妻や恋人が、
外で仕事をすることや
勉強して資格を取得することなどに
反対しがちです。
そして性の強要や
暴力的な性交渉を強いる男性は
暴力に走りやすくなります。


③「批判的な言動を繰り返す」

最初は、パートナーの家族や友人の
些細な批判からはじまり、
そのうちに悪口がエスカレートして
家族や友人を
家に呼びにくくなります。

さらに被害者自身に対しても
侮辱したり、
批判を繰り返したり
ついには人前でも
恥をかかせるようなことがつづき、
被害者が自分はダメな人間
なのではないかと
思わせられることになります。


④「自己の責任を他に転嫁する」

失敗するたびに人のせいにし、
自分の責任は棚に上げ、
被害者が悪いから
自分が暴力を振っている、
ということにしてしまいます。


⑤「弱いものいじめ、動物虐待をする」

弱いものや、
人やものへの思いやりがなく
最初はちょっとした
いじめや虐待でも、
後にはひどい暴力を振るっても
何も感じることがなく
平然としています。


DV加害者の考え方は、
一般的に考えると
身勝手で
利己主義な考えですが、
当人はその考え方が
おかしいとか
歪んでいるとかは
思いもよらないのです。


加害者が自己を正当化しても
それが間違ってなどおらず、
正しいのだと思っているところが
さらにDVを増長させています。
ですから自分が
DV加害者であるということを
認識していませんし、
ましてや認めたりはしません。


むしろ他の人たちが
間違っていると考えます。
たとえ自分が暴力を
振るっているという認識が
あったとしても、
それは相手に原因があって、
自分のせいではないと主張します。

加害者が自己を正当化するのには
さまざまな理由づけがあります。

たとえば「自分も子どものときに虐待された
被害者だから暴力を振るってしまう」と
苦労話をして
自分は暴力をふるっていいのだと考えます。
また自分の不運や不幸話を持ち出し、
「つらいので、そばにいて欲しい」と
同情を得て巻き込みます。


「愛し過ぎて傷つけてしまう」
といって、
愛が虐待を引き起こすという
一方的な考えを正当化します。


そのすべての理由には
「自分に悪いところは何もない。
暴力をふるったのは原因があり、
その原因は自分以外の人のせいだ」

という利己的な
考え方が根本にあるのです。



VF Carino ring & ピアス

IMG_2459.jpg


先日、Vita Felice
スキルアップレッスンで

H先生から
VF Carino ring & ピアスを
ご教示いただきました


このリング土台、
最後の一つ
だったそうで・・(;'∀')


有難く、ゲットです☆

でも・・

他のベースカラーでも
作ってみたかったなぁ・・。


IMG_2460.jpg 


ところでこの日は、
ご一緒させて頂いた
「はじめまして」の方と



少しお話させて
いただけたのですが、




お稽古の場を通じて
今まで知り合うことの
なかったような方とも
交流を持つことで
見聞が広まったり
新たな発見があれば、と☆




ポジティブシンキング!
素敵です!!




そして、




私もまた・・

Hiroko先生をはじめ




世代や背景の違いを超えて
レッスンに来られている
クリエイティブな
おひとりおひとりから




新鮮な刺激や
パワー、
キラキラした
プラスのオーラで
満ち足りた時間を得ています
(^▽^)/





得た力は

与えられる力に・・。

そう思ってます☆







 


 グルーデコ リング

少し重い話・・②

sougenn.jpg


DVと虐待の時代的背景


よく言われているように、
DVと虐待が
年々増加傾向にあるのは
社会的背景の変化が
大きいように思います。

昭和の中頃まで、
日本は二世帯、
三世帯の家族が
共同で生活を
していました。

生まれたての
赤ちゃんから
老人まで、

世代を超えて
共同生活をおくる為に、
他の家族と協調し、
互いに妥協しあわないと
生活は成り立ちませんでした。

そして、
隣近所との関係も密で
地域共同体として
深い関わりがありました。

なので、
家族間で激しい喧嘩になっても
誰かが仲介に入って
互いに、諭し、諭され、
おさめどころがありました。

子どもも
一人になることはなく、
母親一人が
育児を担うことも
ありませんでした。

ところが、
時代の流れと共に
核家族化がすすみ、

地域との関わりも
稀薄になってくると

家庭内はどんどん
密室に変わり、
中で起こっていることは
外に知られることなく

自己自我をための生活が
作り出され、
DVや虐待が
生まれやすくなったと
考えられます。


少し重い話ですが・・・


jiyuu1.jpg


DVと虐待①

DV(domestic violence)と聞くと、
殴られたり、蹴られたり・・
身体的に暴力を受けるだけの
ことのように思われがちですが・・。

「身体的暴力」の他にも
以下のものも
全てDVに入ります。


たとえば、大声で怒鳴られたり、
無視されたり、
命令口調、高圧的な態度、
物を投げたり、
壊したり、脅されたり・・

電話やメール、
持ち物などをチェックする、
実家や友達との
付き合いを
規制したり、禁止する

これらはすべて
「精神的暴力」です。


性行為の強要や
許可もなく
写真を撮ったり、
避妊をしない、
望まない妊娠や
中絶を強制する、
異常に嫉妬心をいだくなど
これらは
「性的暴力」になります。


また、生活費を渡さない、
酒やギャンブルに
生活費をつぎ込む、
仕事を制限するなど、
経済的に自由を許さないのは
「経済的暴力」に当たります。


DV被害は2000年以降、
増加傾向にあります。
しかしDVに関する認識度は
それに比例しているとは
限らない状況です。


「DV」の認識が、例えば
夫婦間や恋人間、親子間など
単なる"喧嘩"なのかどうか
なかなか判断がつきかねます。
当事者であるDV被害者、
加害者でさえ
分からない場合が多いのです。

逆に、"たかが喧嘩"、ではなく
それがDVであることにも気付かずに
DVを受け続けていることも
多々あります。


そうして見落とされてきたDVは、
それを目撃した子どもたちにも
影響を及ぼします。

幼児期に大人のDVを
目の当たりにした子どもたちは、
自らが成長した時に、
暴力として表現するケースが多々あり、
次の世代に暴力が
引き継がれるという
負の連鎖が起こります。



今、もしあなたが、

怖い、
嫌だ、

そんな思いに
日々苦しめられているとしたら

それは間違いなく「DV]です






夜な夜な…巻き巻き


Vita Felice
Hiroko先生ご考案の

Yarn Donut Brooch

 IMG_2466.jpg

  IMG_2465.jpg

 

 IMG_2463.jpg
 
少し前の深夜、
糸と色を変えて
また巻き巻き・・・

なぜか
癒されるなぁ・・
 

 IMG_2451.jpg




これは
ちっちゃいさん用に
小さな巻き巻き・・


 IMG_2453.jpg

ブローチにも
髪飾りにも・・




夜な夜な・・♪
安眠促進
  



 グルーデコ ブローチ

ポジテイブシンキング


yjimage06BB2NO5.jpg


自分を認められない、

自己肯定が出来ない人は

他人の評価ばかりを気にして

いつもびくびくしています。

 


常に、自信ありげに

ふるまっている人を

うらやんだり、
理想には思うけれど

なかなか同じ様にはいきません。

 

ネガティブ思考の人は、

物事の「悪い面」ばかりを
見る癖があります。


逆に、ポジティブな人は

「良い面」を見る癖を
持っています。

 

ポジティブシンキングが出来る人は、

「物事の良い面」に

フォーカスできる人です。

 

自己肯定のできない人は、

先ずは友人やパートナー、
職場の人、

自分の子どもなど・・


他の人の「良いところ」を

毎日必ず、最低ひとつでも見つけて

「言葉」に出して褒めましょう。

 


良い面にフォーカスを当て、

褒め言葉を選ぶ

 


その積み重ねは、
相手との関係も

自分の意識も
変えていきます。

 

それから、

「言葉の使い方」を
見直します。

 


例えば、

どうして?(なぜ)

(うまくいかないのだろう・・) を

 


どうしたら?

(うまくいくかな・・・・) に

 


~できる自信  ないし ↓ を



~できる自信  ないけど

(やってみる!) に

 

 


相田みつをさんの言葉に、

『トマトがメロンに
なろうとするから不安なんです』

というものがあります。

 


トマトはトマトの良さがあり、

メロンはメロンの良さがある。

 



誰かの評価に惑わされず

自分自身を認め、

自分の中の良い面を

より光らせていけると

どんどん顔を上げて

前向きになれるはずです。

 





生身の温もり


yjimageU6E9CQ47.jpg



有名な話ですが、
ハーローというアメリカの心理学者が
重要な実験を行いました。


彼は赤毛ザルの子供に対し、
柔らかい布で作った『クロスマザー』と、
針金で作った『ワイヤーマザー』
を与えたのです。

この2つの人形を、
同じようにミルクを出るような
構造にした時、
赤毛ザルの子供はみな、
肌触りのよいクロスマザーに寄り付き
愛着を示したのは、
実験者の想像どおりでした。

しかし、ワイヤーマザーだけ
ミルクの出る構造にしたら…?


子ザルは、確かにミルクを飲む時は
ワイヤーマザーに寄り付きました。
 
でも、何かで脅された時などは、
ミルクの出ないクロスマザーの元に
寄り添ったのです。

つまり、子ザルは
不安な時には
針金にはないぬくもりや
柔らかさを求めました。

「触感」というのは
愛着欲求において、
とても重要な要素だったのですね。


ここまでは有名な話なのですが、
実はこの話には『その後』が有ります。


実験を続けていくうちに、
ハーローは大変ショッキングな事に
気付きました。


それは、これらのクロスマザーに
育てられた子ザルは、
発情期がきても性的不能だったこと。


赤ちゃんは生後かなり早い段階で、
お母さんの顔、声、匂い、
感触、温度・・・を識別しています。

それがあることで
安心を得ています。
いくらミルクをもらい
空腹は満たされても、
「声かけ」「動き」等がなかった
クロスマザーでは
正常な発達はできなかったのです。


本当(無機物ではない本物の猿)の
お母さんとの関わり合いが
なかった子ザルは、
仲間や友、恋人という関係作りに
重大な欠陥が生じていました。


いくら疲れていても
忙しくても、
抱きしめて
あやしたり、
声をかけたり、
微笑みかけたり、
そんな、
当たり前のような
日常の積み重ねが
心を育んでいるのです。


人間の話でも、
最近、性的不能の若者が
急速に増えています。


もしかしたら、子供の頃、
殆どの時間を
生き物ではないゲーム機器や
ネットとかの環境で育ったことも
大きく影響しているのでしょうか・・。



レッテル貼り

yjimageQ4WGCWLL.jpg



子どもも
おとなも
「いつもあなたは
そうなんだから!」と、
繰り返されると、

それがいつの間にか
すり込まれて
勝手にセルフイメージを
つくり上げてしまい、
どうせ私(僕)はこうよ!
と、思いこんでいってしまう。


例えば、
「あなたはいつも
そそっかしいから
失敗ばかり!」と
怒られてばかりいると、

自分はそそっかしい
性格だから
なにをやっても
うまくいかないんだ・・と
どんどん自信を失くし、

失敗はこんな性格だから
仕方ない、と
思いこんでいきます。

なので、好転はせず、
周囲からも
「そそっかしくて
失敗ばかりする人」という
イメージに見られがちです。

これを
「ラベリング理論」
と言います。

ならば、逆に、
良いレッテル貼りを
していけば

特に子どもは
自信を付けて
伸びることが
出来るのでは
ないでしょうか?


先ず、
その子(人)に対する
マインドをクリアにして、
いいところを見つけ、

「あなたは下の子の
面倒見がいいね!」とか

「いつも笑顔で気持ちよく
挨拶が出来て素晴らしいね!」
とか

細かな良いところにも
スポットを当てて
褒めます。

そんな、
良いレッテルをたくさん
貼られると

今度は、自然にその
セルフイメージが
出来上がっていくのです。
人の嫌なところや
欠点は目につきやすく
直ぐに感じますが、

小さないいところにも
目を向け、
気付くことができる、


いつもそうありたいと
思っています。



ステキに齢(よわい)重ねて・・



IMG_2383.jpg
 


IMG_2374.jpg




シニア世代で、
いつも元気な
活気のある方の定義は


先ず、「笑顔」だと
思います(⌒∇⌒)


Iさんも・・
Sさんも・・
いつも笑顔で


とにかく、
どんなことにも
前向きで
日々、時間を
有効活用されてます



そんなお2人が
グルーデコのトライアル!


お2人を見ていると、
楽しいこと
嬉しいこと
があるから
いつも「笑顔」・・
という訳ではなく、


常に笑顔を
絶やさないから
楽しいことが
生まれているように
思えます♡




学ばせて頂いてます(*´▽`*)





 グルーデコ

wacca講演会




IMG_2392.jpg


先日、wacca代表理事の
茂木美智子先生を講師にお迎えして
wacca設立に至るまでの経緯と
これまでの活動内容や
現況などのお話を伺いました。


お話の中で、
一番強く感じたことですが、


基本的な「衣・食・住」
に関する支援も、
勿論、継続的に
必要不可欠なことです。


でも、それ以上に
なくなってしまうことなく、
先々、未来永劫に
人生をより歩みやすくしてくれるのは
金品以上に
「知恵」であり
「智慧」ではないかと・・。


だからこそ、waccaでは
シングルマザーの学習サポート
(高卒資格検定試験対策、
専門学校受験対策など)や


片親家庭の子どもたちの
学習支援に
より注力されています。


身についた「学び」は
必ず役に立ちます。


今は直ぐに花が開かなくても、
種を植え、お水を与え、
日に当てて環境を整えていけば
いつかきっと
芽が出るはずです。


長い目で
長い時間をかけて


ひとりひとりに
本当に寄り添った
温かな支援であると思います。



waccaの活動を支えているのは
有志のボランティアの方々と
協賛者の善意です。


方法はそれぞれでも、

「その時だけ」の
支援ではなく、


並行して共に歩み、
見守っていける、


自分の成長にも繋げられ、
未来をつくる
支援ではないかと、
そう思うのです。





バースデープレゼント


IMG_2353.jpg 

IMG_2347.jpg 

クリスタルと
モンタナの
リバーシブル

IMG_2354.jpg 


長いお付き合いの
友人から・・

お母さんの
お誕生日のお祝いに

私がつけていた
VF Circle Top
リクエスト!

ほんとうに、

何よりの励みになって
嬉しいなぁ♡

華やかで
お洒落なお母さん・・

気に入って下さると
いいですが・・

Happy Birthday☆

よりお元気で
益々ご活躍
頂けますように・・!



 グルーデコ VFcircletop

益者三友


imagesF4UU7INS.jpg




最近、相談を受けた話を
聞いていて、
『友だち』の定義について
考えていたら、


孔子の
益者(えきしゃ)三友、
損者(そんしゃ)三友

という言葉を思い出しました。



手本になる
三種類の友がいる一方で、
手本にならない
三種類の友もいる、
という意味ですが



孔子の言う
有益な友達とは、


*正しいと思うことを
 ハッリ言ってくれる人(正直)




*誠実な人




*何でもよく知っている人(博学)




付き合って損する友達は




*態度は物なれているが、
 何事も都合よく
避けてしまう人




*意思が軟弱な人




*口先ばかり達者な
お世辞上手




なるほど、とは思いますが、


世の中そうそう
自分にとって有益な
人付き合いばかりは
出来ません。




時に、不都合であったり
有害かも・・と
思われることが
あったとしても




どんな善人であっても
完璧ではないことを
理解した上で、




相手にとっても、
自分自身が
『益』となる
友なのかどうか
省みることも
必要では
ないでしょうか・・。





幼馴染み


IMG_2322.jpg
 


何年ぶりに
なるのでしょう・・

幼い頃に
体温を感じる距離で

笑ったり

走ったり

ただただ楽しい時間を・・
一緒に過ごした記憶のまま・・

大好きだった幼馴染みの
Yちゃんご一家が
東京から小旅行で・・。

残念ながら、
ひと時だけに
なってしまいましたが

セピア色の思い出は
記憶の底から
湧き出てきて・・

どうか、健康で
幸多き日々で
ありますように、


そんな気持ちを込めて
お土産に、ネックレス
作りました




次はゆっくり
お話ししましょう♡

 グルーデコ ネックレス

カタチが好きで・・

IMG_2281.jpg 


IMG_2282.jpg 




BVLGARI DIVAS’ DREAM 風



BVLGARI・・というより
この末広がりのフォルムが好きで

フリーサイズのリング
作ってみました☆

つけやすいし、
カジュアルウエアにも
よく合います



気分が少しふさいでいる時、

あえてキラキラしたものを
身に着けます


「魔」や「災」を
跳ね返して
もらえるように・・・・。








 グルーデコ キラキラ リング

wacca キッズサポーター養成講座1


15747750_735496509938955_160568627235296349_n.jpg


午前のカリキュラムでは、
親和女子大学教授の勝木洋子先生の
講演がありました。


講演は、題目の『イマドキ子育て支援』について
社会的背景からみた子育て支援の必要性と、
簡単なワークを取り入れながら、
それぞれが、それぞれの『個』を重視する
≪ダイバーシティ≫に注目し、
誰もが自己実現を目指しながら
≪子育てにやさしい社会≫を
考えていきましょう、という概要でした。


しかし、女性の自己実現を考える上で、
2016年の
グローバル・ジェンダー・ギャップ指数では、
調査対象144カ国のうち、日本は111位と、
過去最低の水準であったことにも触れ、
まだまだ男女共同参画社会の実現には
程遠い現況であることを知った上で、
次世代の子どもたちが、
心身共に豊かに育まれていく
社会づくりも視点に入れながらの「子育て支援」
でなければならないことを強く感じました。


また、現在、親和女子大付属幼稚園の園長も
兼務されている現場から、
イマドキの子育て事情や、
問題点など、生の声をお聞かせいただき
びっくりしたり、
なるほどなぁ・・と感心したり、
頷くことしきり・・・。


とても分かりやすく、
楽しく聴講させていただき
色々な視点から
再考させられたことも多かったです。



改めて、微力ながら、
できる範囲で出来ることを
細く長く続けられたら・・
と思いました。


 WACCA

色違い

 先日Vita Felice
レッスンを受けた


Yarn Donut Brooch

IMG_2273.jpg




色違いバージョンです


糸が変わり
真中のビーズが変わると


表情も様変わり☆


H先生が
数作ってらした気持ちが


よくわかります!




IMG_2279.jpg 





 グルーデコ ブローチ

♡リクエスト♡

 


IMG_2270.jpg  


IMG_2280.jpg
(↑Room*T様ご考案図案)



ハンドメイドを
手掛けている作り手は、
自分の作品を
「好き」と、
認めてもらえることが
この上ない
喜びではないでしょうか。

喜んで頂けること、
小さなきらめきに

ちょっと癒されたり
お出かけのおともに
していただけたり・・・。


リクエスト、
本当に嬉しいです♡

行く先で
笑顔が生まれるように

夜なべも
楽しい時間になります



可愛がって
もらえますように
。゚(゚^∀^゚)σ。゚







Yarn Donut Brooch

IMG_2272.jpg   


先日、Vita Felice 
スキルアップレッスンへ💛

糸の色合いや
中心部分のビーズの
使い方一つで

いろいろな表情に変わる

Yarn Donut Brooch

生みの親のH先生の
傑作の一つ!

「巻き*巻き」
がクセになりそうなほど
楽しいし、
出来栄えも素敵☆


糸を変えて
また
巻き巻きしよう~



IMG_2275.jpg 

 IMG_2274.jpg






 グルーデコ ブローチ

変容

imagesOBOYW4N7.jpg




他人の言葉による
働きかけを
「説得」といい、


 説得により
他者の態度の変化、
行動の変化に
つながる変化を、

                                
                                                                                            

心理学では
「態度変容」と
呼びます。




「叱る」という行為は
相手の行動の
「変容」を
促すための
ものですが




同じことで
何度も怒って
(叱って)も
効果は
期待できません。




叱っても
叱っても

「変容」がなければ




叱らずに
褒めます。




ご機嫌をとったり
ごまをすることは
『相手が中心』
になるのでNGです。




褒める、というのは
こちらが
中心になります。




褒められる箇所を
認めて、
率直に「褒め」

相手を受け入れ、
認めた上で

また違った道から
「変容」を
求めていきます。




しかし、

自分の子どもや
家族など、
ごく近しい人には


そんな地道な努力も
ありでしょうが


どうでもいい人、
関わらなくて済む人なら


付き合いの
「見極め」も
必要かもしれません。




信頼と繋がり

yjimageZWV3AMWP.jpg 

ひと昔前は
お友だちの、
お父さん、お母さん

ご近所のおじちゃん、
おばちゃんは
みんな
顔馴染みの「大人」で、

子どもたちが
心許せる相手でした。

出会えば
『大きな声でご挨拶』

それが礼儀だと教えられ

また、教えてきました。




それが、
いつの間にか


“誰も信用してはダメ”
と教えなければならない
時代が到来し、


子どもたちは
伏し目がちに
無言で
通り過ぎて行きます。


それでも、
今でも
ある地方では、



子どもたちが下校する
時間になると、
町内に,『ただ今より
児童が下校します。
皆さま見守りを
お願いします』
と、有線放送が流れています。


すると、
黄色い帽子をかぶった
子どもたちは

帰路の行く先々で

『おかえり』の声を聞き、

『ただいまー!』

『帰りました』と
応えます。




砂利道で転び
膝をすりむいて
泣いている子がいれば

顔を知らない子であっても
直ぐに走り寄って
傷の具合を見たり、

意地悪を言っている子を
諭したり。




それは

“過干渉”というのでしょうか?


見守られているという
安心感と

見られているという
自戒の念


時に優しく
時に厳しい
人の目が

「防犯カメラ」という
機械に
変わりつつあります。


子どもは
子どものまま、

生身のからだも
無垢の心も
何も変わって
いないのですが・・。


変わってきたのは
(変えてきたのは)
大人の方かもしれません。






葡萄の額

IMG_2201.jpg 


葡萄(ぶどう)には
「仁愛」とか
「思いやり」
「信頼」といった
花言葉があり


たくさんの
実をつけた房から
「実り」
「豊か」
「子孫繁栄」など
吉祥のモチーフに
使われることが
多いですね


若かりし頃に使っていた
ビーズのアクセを
バラバラにして
葡萄を
作ってみました


IMG_2197.jpg


IMG_2200.jpg



 グルーデコ インテリア額

行き詰ったら 

osilyare2.jpg


今ある悩みや困難に
どうしても
打ち勝つことが
出来なくて


ご飯が喉を通らなかったり

夜眠れなかったり

涙が止まらなくなったり

お腹の痛みに苦しんだり




本当は
心置きなく
今の、愚痴や怒りや
悲しみを
思いきり吐き出して
受け止めてもらえる、
そんな相手がいてくれれば
よいのですが


こんなタイプの人ほど、
悲しいかな
周りには心配かけまいと
平静を装ってしまうんですよね




どうしようもない時は
受診して、
お薬を処方してもらうのも
いいと思います。




でも、
お薬は
気分は変えてくれるけど

現状は変えてはくれません。




だから、
薬でモチベーションが
少し上がっている間に
ただ、いつも通りの
日常をこなすことに
頑張り過ぎず、




何が問題で、
どうすれば
現状を変えることが
出来るのか、




ここで「智慧」を
使うのです。




例えば、
ブラック企業で
連日無理な仕事を
押し付けられていたら




いくら気持ちだけ
薬でupさせられて
いたとしても
身体はいつか壊れます。




そして、そうなったところで
「自己責任」にしかなりません。




ならば、そうなる前に、
現状の改善が
出来る術を探しましょう




会社によりますが、
人事課にもちかけたり
社内に
産業カウンセラーがいれば
相談することから
何か小さな穴が
開くこともあります。




こんなブラック企業に
勤めてしまった不運な自分、
と嘆くのではなく、




こんなブラック企業で
良くこれまで
頑張ってこれた!

そう自画自賛してください!





認知」を変えることも
大きなステップになるはずです。



夏色~藍・・紺碧のバッグチャーム


IMG_2195.jpg


IMG_2193.jpg 

IMG_2188.jpg

宝塚ファンで

自身もスレンダーで
凛とした美人


Sちゃん(もう さん だよね)には
「藍色」のオーラを感じるなぁ・・
深く、慎重で
生まれ持った
澄んだ感性・・・・


リクエスト(人''▽`)
ありがとう☆


本当に、
励みになります

 グルーデコ バッグチャーム ジュエルボール

沢山の支援物品~wacca

~感謝~

wacca
多くの方から
寄せられた善意

衣類や

靴、バッグ・・

アクセサリーや
新品のカッターシャツまで・・

家を整理し、
袋に詰めて
重さに負けず
持ち寄って頂いた
「こころ」
詰まったものばかり・・

本当に、
本当に、
感謝です♡

6/2、確かに
届けて参りました。

当日は、
夕方から学習支援の日。


子供たちの成長と
伴走していくように

細く、長く、
無理なく、
できる範囲の
支援が続けていければ・・

そう思っています。

これからも、
どうぞよろしく
お願い致します。

wacca3.jpg 

wacca1.jpg 

wacca4.jpg 

wacca2.jpg 

wacca5.jpg 







 WACCA

Latest

バレッタ

2017/10/08

MOON STAR

2017/07/31

益者三友

2017/06/21

幼馴染み

2017/06/21

色違い

2017/06/15

変容

2017/06/12

葡萄の額

2017/06/06