Harmony Plus

グルーデコ作品とココロノハナシ

もし、今あなたが・・・

yjimageYCML7PKV.jpg


 
もし、今あなたが
パートナーの言葉や
対応、態度に
何度も「怖い」と
感じることがあるなら




それはDVです。




自分を怒らせるのは

「お前の態度が悪いから」

「お前が直さないから」

それをそのまま受け止めて
相手を怒らせているのは
「自分が悪いのだ」
そう思い込んでいませんか?




自分さえ我慢していれば

「きっといつかはわかってくれる」

「今の生活は続けられる」

「逃げる場所がない」

「誰にも話せない」

「あの人は私がいないとダメになる」

 




あなたは悪くありません。




あなたが今、
置かれている状況は
決して
恥ずかしいこと
ではありません。




一方的な暴言や
肉体的な暴力が
積み重なっていくと




相手はますます
自分を正当化し、




「原因」を作っている
「あなた」が悪いのであって




自分が「本当の被害者」だと
思い込んでいきます。


時間をかけて
どんなに長い間
我慢を続けても




相手が変わることも




状況が好転することは
先ずありません。


むしろ、
あなたの心身は
必ずどこかしら
変調をきたし、
苦しみが増えるだけです。





逆に、怒りや悲しみが
限界を越えて、
ついには、
相手を物理的に
傷つけてしまう可能性も
無きにしも非ずです。





DVを見て育った子どもにも
行動面・情緒面・発達面から
身体面まで
多岐に影響を及ぼします。





特に、子どもが母親を否定的に、
侮蔑的に見るようになったり、
母親と子どもとの間に
距離感や緊張が見られたりします。





数年の間に、
夫だけではなく
息子にまでDVを
受けるようになった
母親もいるのです。






DVの問題だけでなく、
生きていく上で起こった
どんな難問も、




誰しも、最後は、
「乗り越える為の決意」
だけは、




誰の力を借りることなく、
自分でしなくては
ならないと思います。





でも、一人で抱え込まず、

親族や友人に
相談できなくても、

各都道府県にある相談窓口
(内閣府男女共同参画局HPの
「相談機関一覧」など)
等で、一時的避難所(シェルター)
の紹介もあります。





大丈夫、

「降りやまぬ雨は無い」です。


もう傷つくのは
やめませんか?

 

 

 


 


関連記事

Comment

Add your comment

Latest

MOON STAR

2017/07/31

益者三友

2017/06/21

幼馴染み

2017/06/21

色違い

2017/06/15

変容

2017/06/12

葡萄の額

2017/06/06