FC2ブログ

Harmony Plus

グルーデコ作品とココロノハナシ

教育虐待

ume.jpg


今日から
国公立大の二次試験・・





私大の後期試験を
控えている人も
正念場ですね



本人は勿論、


家族にとっても
祈るような思いで
『春』を
待ち望んで
いることでしょう



私は、次は
孫の時に
そわそわ、ドキドキ
しそうです


今日の読売新聞に、
「教育熱心、
実は虐待かも」
というコラムがありました。


ある女性からの
投稿です


親の過度な
教育熱に耐えきれず
家出をしたが
連れ戻され、
ストレスで毛が抜けたり
膵臓炎になりながらも
親の決めた高校、
家から通える
国立大へ進学したが
うつ病になり
その後、就職はしたものの、
続かず、退職。
その後も実家で
束縛の強い生活を
強いられてきた


転機となったのは
一昨年、
親からの虐待体験集
「日本一醜い親への手紙、
そんな親なら捨てちゃえば?」
の編集者との
出会いだったそうです。


「それは明らかな虐待」
そう指摘され、
長年の苦しみには
理由があったんだ、と
救われたそうです。


クリックすると新しいウィンドウで開きます

今は実家を出て
親との連絡を絶ち、
生活の立て直しを
図っているのだとか。





殴ったり
叩いたりといった
身体的な虐待に比べ

教育虐待は
外から見ても
「教育熱心な親」
という見方しかされず、

親もまた、
「子どもの為」
と思い込んでいるので
虐待の自覚が
ないようです





半世紀以上
生きていると、
いろいろなケースを
見てきましたが


偏差値の高い学校に
入っても


挫折してすぐ
やめた子もいるし


親の決めた学校に
入ったものの
自分に合わず、
引きこもった
子もいました


逆に、第一志望の
国公立は
ダメだったけど


自分の好きなジャンルの
専門学校を出て
いまはその世界で
大活躍している人もいる




受験に
「失敗」なんて
ないと思う


あるとすれば
「選択」の間違い


これまで精一杯
努力してきたのなら


自分なりに
頑張ってきた時間を
誇りに思ったらいいよね


そして、親は


子どもは
自分の所有物でも

自分の夢を背負わせる
相手でもないことを

常に、自覚していないと
いけないのでは
ないでしょうか





結果はどうあれ、


*・・よく頑張ってきたね・・*


先ずはその一言を!





関連記事

Comment

Add your comment

Latest

叱る ①

2018/08/27

一期一会

2018/08/23

自然共生

2018/07/13

弱さ

2018/07/04

和顔愛語

2018/07/02

Chic Series

2018/06/13

Cute Doll

2018/06/08

Petite Fleur

2018/06/08

WACCAへ

2018/04/22

Cute doll

2018/04/19

LOVE

2018/03/14

オーダー

2018/03/11