Harmony Plus

グルーデコ作品とココロノハナシ

見捨てられ不安③


yjimageSFW4PXLG.jpg



見捨てられ体験から
境界性パーソナリティ障害に
移行することが
多く見受けられますが、
環境的要因として、
特に母親の影響が大きいと
いわれています。
影響を与えやすい母親のタイプとして
以下の2つがあげられます

1. 子供に愛情を示さないタイプ。

母親自体はしっかりとした性格なのですが、
子供にルールや責任を押し付け、
良い成績や良い子としての
振る舞いを求めます。
その結果、子供は甘えたり
弱音を吐くことができなくなり、
成長後、抑えつけられた感情が爆発し、
境界性パーソナリティ障害に
つながることがあります。

2. 母親自身が不安定であるタイプ。

母親がうつ病や不安障害、
パーソナリティ障害を抱えていて、
いつも不安を訴えていたり、
ネガティブなことを
言っていたりします。
そういう母親を見て育った子供は
うんざりした気持ちになり、
積もり積もって、成長後に
境界性パーソナリティ障害の
症状が現れることも
少なくありません。

ふたつとも、過去に
母親から受けた影響に
とらわれていて、
それがもろに
境界性パーソナリティ障害の
発症につながってくるのです。

とは言え、母親自身も
苦しんでいることも多いもの・・。
近年、母親も
家計を担う働き手としての
役割も増え、
父親の存在が
薄くなっている傾向があります。

そのため、母親が十分に
子供に愛情を注げなくて、
愛着に異常が現れたりします。

また、適切に叱れる父親が
減ってきました。
そのため、情動の制御が
上手くできないように
育ってしまうこともあります。


「バランス良く愛情をかける」
「無条件に愛情を注ぐ」
簡単そうで難しい問題ですね。




関連記事

Comment

Add your comment

Latest

MOON STAR

2017/07/31

益者三友

2017/06/21

幼馴染み

2017/06/21

色違い

2017/06/15

変容

2017/06/12

葡萄の額

2017/06/06