Harmony Plus

グルーデコ作品とココロノハナシ

躾(しつけ)①



tilyuuriltupu.jpg 


そもそも「しつけ」の語源は

習慣性の意の仏教用語「習気(じっけ)」が、

やり慣れている意の動詞「仕付(しつ)ける」

と混合されて一般化したもので

 

「躾」という字は漢字ではなく
日本で作られた「国字」で
和製漢字になるそうです。

「しつけ」という日本語を表す字として
身と美が組み合わされているのは、
「立ち居振る舞いが美しくあってほしい」
という願いを語っているようです。

 

その語意を読み取ると、

「躾」と称して

怒鳴りつけたり

叩いたりして

「身体に覚え込ます」

ことではないことがよくわかります。

 

犬や猫だって

そんな「しつけ」方をされたら

心から懐いてはくれません。


「躾」とは

その子が大人になった時に

損をしない、

苦労をしないような

行動を習慣付けるということです。









関連記事

Comment

Add your comment

Latest

MOON STAR

2017/07/31

益者三友

2017/06/21

幼馴染み

2017/06/21

色違い

2017/06/15

変容

2017/06/12

葡萄の額

2017/06/06