Harmony Plus

グルーデコ作品とココロノハナシ

ストローク②

wakaba.jpg


人はいつもプラスのストローク(快い刺激)
を欲しています。

優しい笑顔や
温かい言葉
穏やかなぬくもり・・などなど。

生まれてから受け取ってきた
それらのプラスのストロークは
心の中に蓄えられて
自分もまた、他者へストロークを
発することが出来るのです。

ちなみに、子どもの頃に
ストロークを与えられずに育った子は
心身の発達が阻まれていることが
わかっています。

自分の中に、他者にストロークを与えられる
余裕がある時はどんどん発信しましょう。
優しい言葉かけ
思いやりのある行為・・など

逆に、落ち込んでいて、
誰かからストロークが欲しければ
素直に、「辛い」とか「悲しい」とか
正直な気持ちを伝えて
ストロークを求めればいいのです。

そして
与えてくれたストロークが
嬉しいものであったら
しっり感謝を伝えましょう。

でも、嫌なストロークには

嫌だと伝える、

拒否をする、

それも出来ないなら受け流す、
心に溜めないことが大事です。

それから、時々には
頑張っている自分を褒めてあげて

ご褒美のストロークを
自分自身に与えてあげて下さい。








関連記事

Comment

Add your comment

Latest

MOON STAR

2017/07/31

益者三友

2017/06/21

幼馴染み

2017/06/21

色違い

2017/06/15

変容

2017/06/12

葡萄の額

2017/06/06